英語で観光案内・ボランティアができるようになりたい人のための講座をご紹介

ホーム > 日本を伝える

日本を伝える

menu3img.jpg

「日本を英語で伝える」2つのメリット

2013年に和食がユネスコの無形文化遺産に登録されました。2020年には東京オリンピックが開催予定です。世界からの日本への注目が高まっています。

エキゾチックな日本を一目見ようとやってきた外国人をどこかの観光にお連れすることもあるかもしれません。私たちにとっては当たり前になっていることでも外国人にとってはそうではありません。

彼らは常に好奇心旺盛にいろいろなことについて聞いてきます。日本の文化や芸術など、日本を英語で伝える勉強は私たちにとってはこの国のことを改めて知る良い機会です。

でも、日本について質問されたらあなたはどれくらい答えられるでしょうか?

たとえばこんな例・・・

ひとつクイズです。

「なんで芸者さんは白塗りの化粧なのか?」

私たちには芸者さんは白塗りが当たり前でこんなこと疑問に思ったこともないのでは?
でも外国人にとっては日本は不思議がいっぱいなのです。

答えは、こういうことです。

「昔の照明はぼんぼりのローソク暗いので、美しさを際立たせるには白塗りが一番の化粧だった」

In the old times, (昔)

castle light was used in rooms.(ローソクの火が部屋で使われていました。)

So, rooms were dark. (なので部屋は暗かったのです。)

White make-up was the best way to show their beauty better.

(白塗りが彼女たちの美しさをより良く見せる一番良い方法でした。)

このような再発見を、トレビアとして外国人に話したくなりませんか?

伝えたいから覚える

日本のトレビアを外国人に話せたら楽しそうですよね!

日本を伝えようと思うと、自然と日本について調べたくなってくるのではないでしょうか。そして、調べて分かった知識は誰かに話したくなるものです。

つまり外国の方に英語で日本を紹介すればするほど、英会話力も日本の文化についても詳しくなるので一挙両得というわけです。

1日講座では日本文化の伝え方については深くは扱いませんが、その基本をしっかりと学んでいただきます。

日本文化を伝える講座も別に用意しますので、興味がおありの方はそちらもご利用ください。

趣味で 案内に 日本を伝える
講座に参加しませんか