「痛かったです。」を英語で

c87596132abe4345f990fd9a8b5d7de3_s

5月19日から浅草では三社祭が開催です。
およそ100基の神輿が練り歩き、
2016年は200万人以上の人出を記録したというのですからすごいです。

夏祭りのシーズンになってくると思いだされます。
下町に暮らしていた数年間、
神輿をかつぎましたが、いやはやその重いこと。

神輿は揺らさないと盛り上がりませんから
その揺れで重さがミシミシと肩に食い込みます。

体にも神輿の重量への耐性ができるようで
少しずつは慣れてはきていましたが
少しはマシな担ぎ手になる前に終わりました。

で、タイトルの 「痛かったです。」。

さまざまな日本の文化に興味を示す外国人は多いです。
ただ、文化自慢やウィキペディア風の講釈だけではしらじらしい、かな。

経験した人しか語れない
ちょっとしたエピソードも含めて教えてあげると
人間に密着した生きた文化として
親しみを持ってもらえるのではないでしょうか。

「痛かったです。」を英語でどう言うでしょう?

“That hurt.” (ダッ ハォーッ)

“hurt” は 「痛かった」ですが、“hurts” (ハォーツ)が 「痛い」です。

体の部位の後に続ければ、その箇所が痛い、ということになります。

例) My back hurts. (腰が痛い)

音声はこちらから。

https://goo.gl/XR8yzD

<お知らせ1>
スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

”「英語で蕎麦会」

https://makefriends.amebaownd.com/

<お知らせ2>
1日で外国人観光客の案内が英語でできる!

「初心者のためのおもてなし観光英会話一日講座」

http://goo.gl/EdFEtB

<お知らせ3>
埼玉県鴻巣で観光ボランティアになる!近隣の方お越しください。

「鴻巣で英語観光ボランティア講座」

https://goo.gl/f5I5Uc

<お知らせ4>
歴史ある栃木県足利市で地域の魅力を英語で発信!

「ワクワク足利英語塾」

https://goo.gl/7OXQUG

<お知らせ5>
無料メルマガ「岩本寛のとっさのひとこと英語」全10回

 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ6>
日本文化と英語の両方を習得!

動画講座「日本のウンチクを語る英会話倶楽部」
 ↓
https://goo.gl/3HKb9V

<お知らせ7>
日本人の心持ちを英語で表わせる!

動画講座「ヒューマンコミュニケーション力向上委員会」
 ↓
http://goo.gl/1Geupn

<お知らせ8>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA