日本を表わす英単語<その3>

例えば、外国人のお友達が日本へ旅行にやってきた時、
案内する機会もあろうと思います。

観光案内する際は、神社仏閣にお連れすることが
やはり多いのではないでしょうか。

そこで、ひとつキーワードとなるフレーズがあります。

“It’s for purification.”(イッツ フォー ピューリフィケイション)

=「お清めのためです。」

“purification”
「pure(ピュア)にすること」で「お清め」の意味です。

「清浄」は日本文化の大きな要素です。

神社仏閣では、手水舎(ちょうずや)で
手を清めますね。

日本の国技である相撲でも
力士を塩をまいて土俵を清め、

水で口をすすぎ、自らを清めます。

日本食を、ということでお連れする
日本料理屋でも、玄関先に塩が盛られているところも
多いのではないでしょうか。

日本の観光案内の行く先々に
「清浄」が重んじられています。

「ピューリフィケイション」、
キーフレーズではないでしょうか。

英語で一言言いたい時<その3>

私たちはよく並びます。

美味しいお店、セール、等々にて
行列ができているのはよく見かける光景ですし、

トイレやコンビニのレジでも
開くのを待つ列ができていて、
それに気づかないうちに割り込んでしまって
注意されて「失敬!」となることもあります。

当然、外国人も例外ではなく、
並んでいるあなたに気付かずに
割り込んでしまう場合もあるでしょう。

そんなときには一言。

「並んでますよ。」と声をかけてあげましょう。

“Excuse me. I’m in line.”

あるいは、並んでいるのかどうか尋ねるときには

“Are you in line?”

この一言で無用のトラブルも避けられます。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語で一言言いたい時<その2>

前回に引き続き、不快な目にあった場合のことを。

旅行先などで、変な外国人につきまとわれると
いうこともあるかもしれません。

そんな時には相手にしないというのが一番ですが、
それでもあまりにしつこい場合には
ゆっくりと強い口調で言いましょう。

“Please leave me alone!”(リーッ ミー ゥローン)

「ほっといてください!」

“please”は、「丁寧なお願い」をするときにつけると
思われる方もいるでしょうが、

結局は命令の形なので、それほど丁寧とは言えません。

まして今回のように頼むのではなく強い調子で言えば
「警告」のような響きを持ちます。

しかし、それでもなおであれば、
口だけではないということを示さざるを得ないでしょう。

“I need to call the police.”アイ ニー タコー ダ ポリース)

「警察に連絡する必要があります。」

一応、行く可能性のある国々について
警察につながる番号をおさえておきましょう。

ヨーロッパ:112

アメリカ:911

オーストラリア:000

韓国:112

中国・台湾:112

もちろん連絡せずにこしたことはありませんが、
備えあれば…で思う存分旅を満喫したいところです。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語で一言言いたい時

外国人は全ていい人というわけでは当然ありません。

日本に住んでいる外国人は親日家というイメージを
なんとなく私たちは持ちがちですが、

仕事の都合上、望まずとも来ている人もいるし、
全ての人が日本に好意的であるという思いこみは
持っておかない方が良いでしょう。

これが、旅行も含め海外で滞在するとなると、
当然、英語の教科書に出てくるような
いい人たちばかりに出会うという具合にはいかないわけです。

あからさまにバカにした態度をとられる、
法外な値段をふっかけられる、…

そんなこともあるかもしれません。

きっばりと「それはおかしい!」というのがいい、
泣き寝入りは相手の思うツボだ、という意見もあるでしょう。

でもただでさえ気を使う海外旅行で、
余計な面倒は避けたいという気持ち、
言い返すだけの語学力がないという事情、
相手にすれば同じレベルに下がってしまう、という訓え、…

なので、黙って相手にしないのが最上。

これもよくわかります。

でもバカにした態度をとられて、
口げんかするわけではないけど、
一言くらい言いたい気もしますね。

そうなると、声の調子など言い方次第でいろいろで
これという定型表現はありませんが、
例としてひとつ。

“Keep it up for nothing!”(キーピラッ フォ ナッシンッ)

「まあせいぜい頑張って!」

“Keep it up.”というのは、
何かを頑張っている人に対して
「(引き続き) 頑張って!」と励ます言葉です。

“for nothing”は、「何も得ることなく、無駄に」という意味です。

他にも、“Good luck!”とか“Have a good day!”など
短めの言葉も皮肉っぽく言えば、なんか悔しいという時の一言になるでしょう。

まあ、人をバカにする人は、言い返されると
逆上したりしますから、やはり気にかけないことが得策ではあります。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語が必要になる時<その3>

先日、トイレでのトラブルで使う
英語表現を書きました。

過去記事↓
http://goo.gl/A6KBuf

海外旅行に行って英語を使わずに
済んでしまう場合も多々ありますが、

予期せぬトラブルの発生の時は
なるべく早いトラブル解決が望まれるところですから
最初の「何が起きているか」は
スムーズに伝えておきたいところです。

今回は、「トイレがあふれてしまった時」です。

どんどん水面が上がってくるときは
じっくりと見ていないで(笑)
すぐに伝えましょう。

“The toilet is overflowing.”

(ダ トイレッ ティ ゾゥヴァフロゥウィンッ)

(トイレがあふれています。)

“overflow”=「あふれる」

“is ~ ing”という進行形で、
今そういう状態ということを伝えています。

使わずに済むに越したことはありませんが、
こういうものこそ万が一に備えて
メモで持っておいた方が良いと思います。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語の勉強方法のひとつ<その5>

先日、英文の教材として
人生相談モノをお勧めしました。

過去記事↓
「英語の勉強方法のひとつ<その3>」

その時にご紹介したのは、
海外のサイトでして、改めて考えると
読みづらい部分もあるかなと思いまして、

別のものをご紹介します。
こちらです。

“Troubleshooter”(トラブルシューラォー:もめごと解決人)

http://the-japan-news.com/news/troubleshooter

こちらは読売新聞に掲載されている
「人生案内」を英訳したもので、

海外モノより、私たちにはしっくりきて
読みやすいかと思います。

ご覧いただけばわかるように、
各回のタイトルが大見出しで出ていて、
それを見るだけでも勉強になります。

“My creepy neighbor won’t stop smiling at me.”

“creepy” (クゥリーピー:変な、怪しい)

(変なお隣さんが私のこと笑ってるんです。)

とか、

“I keep on attracting men I have no interest in.

“attract” (アトゥラァクト:惹きつける)

(興味ない男性だけいつも寄ってきます。)

なんか続きを読みたくなりませんか?

他人の人生、ちょっとのぞき見で
英語を読む力つけちゃいましょう。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語の勉強方法のひとつ<その4>

英語を勉強している方とお話していました。

その方には中学1年生になる息子さんがいらっしゃって、
この間、その息子さんが怪我をされたと学校から連絡があり、
友達同士の喧嘩を止めに入ってのものとのこと。

よく泣く子なんだけど
我が子ながら誇らしく思った、と。

私も拍手喝采の思いと同時に、
こんな提案をしてみました。

「ぜひその思いを英語で書いて
お子さんに渡してみてはいかがですか?」

あまり英語が得意ではないという彼。
でも好きなモノに関する英語は
よく眺めているということで、大いに脈ありで

お母さんからもらった手紙、読んでみるか、と
英語の勉強のきっかけになるかもしれません。

書く側の勉強にも、もちろんなります。

外国語というワンクッションが入るので
日本語ではなかなか言い表しづらい本音の気持ちや
感謝の気持ちといったような照れくさいことも
英語を介すれば書くことができます。

日頃の思いや、あの時頑張ったね、の気持ち、
あれ美味しかったの思い出、…

それを綴って渡してみたらいかがでしょう?
お父さんも、お母さんも、
お子さんも、おばあさんも、お孫さんも、
奥さんも、旦那さんも、彼氏も、彼女も、
頑張って読まずにはいられないでしょう。

という具合に、もしかしたら
外国人と話すためにあると思っている英語が、

「大切な人との絆を深くする」一助になる可能性もあるのです。

話は変わるようですが、ちょっと前
某鹿児島県知事が「コサイン教えてうんぬん」と発言したそうですが、

何事も人を幸せにする可能性はある、と信じていない人が、
自分の知識と経験の上でしか判断しない人が、
リーダーとしてやっているのだなあ、と。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語が必要になる時<その2>

先日、海外旅行で英語が必要になってくる場合として
他の一般の方に何かお願いをするとき、と書きました。

かと言って、ホテルやレストランで
英語が全く必要ないということではありません。

絶対的に英語が必要になってくる時、

それは…

トイレでのトラブルです(笑)。

(笑)と書いていますが、ホントです。

私がたまたまかもしれませんが、
海外での方が日本でよりも
トイレのトラブルに遭うことが多い気がします。

これにまつわる表現は知っておいた方が良いでしょう。

まずはこちらから

“The toilet doesn’t flush!”

(ダ トイレッ ダズン フラッシュ!)

「トイレが流れません!」

“flush”は「トイレがジャーと流れる」ことを言います。

昔、海外の安いユースホステルに住んでいたことがありますが、
宿泊ゲストがこう言ってサッサと立ち去って行き、

後は住人である私が始末、という
私にとっては、ホロ苦い英語表現でもあります。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語が必要になる時

海外旅行に行って英語を使う機会は
どれほどあるでしょうか?

「空港で」「ホテルで」「レストランで」…と

いろいろ考えられますが、

こちらが「お客さん」であれば、
ほとんど英語を使わずに済んでしまうこともあり得ます。

サービスされる側であれば、
日本人だからと特に英語で話しかけられることもなく
そのサービスを黙って享受していればOKの場合も多いです。

しかし飛行機の中は
皆「乗客」という立場では一緒で、
しかも、ファーストクラスやビジネスクラスには縁のない私などは(笑)、

かなり他の人たちとともに密集した空間にいるわけで、
そうなると時に思いがけず英語が必要になるときがあります。

一般の人たちに、特に何か「お願い」する場合は
無言で、というわけにはいきません。

たどたどしくとも、やはり言葉に出して
英語にする必要があります。

そこでひとつ。

「座席を少し上に戻してもらえませんか?」は、

英語で何て言うでしょう?

過度にリクライニングを下げる人もいます。
不快であればやはりお伝えしないわけにはいきません。

“Could you put your seat back up a little?”

(クジュー プッ ヨ シーバッカッパ リロ?)

相手に丁寧にお願いする場合の枕詞が
“Could you ~ ?”(クジュー ~?)です。

“~seat back up a ~”は言うときは、
いろいろと言葉がつながって、上記のように。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語の勉強方法のひとつ<その3>

英語の文章を読むことは
英語の力をつけるには大切ということを

前回書きました。

どうせ読むのなら興味を持って
読み進められるものがいいです。

そういう意味で前回ミステリーを
お勧めしました。

もうひとつ、こちらはどうでしょうか?

それは「相談モノ」です。

人生相談、恋愛相談、と、
ある悩みを持った人が投稿して
回答者が答えるというお馴染みのものの英語版はいかがでしょう?

「他人の不幸は蜜の味」ではありませんが、
興味本位も手伝って読み進めていくことができます。

初めてお付き合いした方と結婚することになったが、
もしかしたら他にいい人が現れるのではないか?

など国籍を問わない悩みから、

旦那がマネキンを好きになってしまい、
自分が留守のとき、マネキンとの生活を楽しんでいる、と、

ちょっと風変わりなものまで、バラエティーが豊富です。

中には楽しい気分になれない深刻なものもありますので、
それは途中でやめましょう。

英語を読むには、じっくり読まずに
多少の速さを持って読み進めていく練習もしたいですから、
(例えば制限時間を設ける、など)

一語一語をしっかり訳すのではなく、
内容をつかめばOKという練習の材料として
「相談モノ」はいいと思います。

ただし、ネイティブ向けのものなので
全て簡単な英語で書かれているわけではありません。
なんとなくの内容をつかめればOKというおつもりで。

その代わり、日常で使われる英語が盛りだくさんです。

以下のものは、ひとつひとつの相談がそれほど長くありません。

http://www.uexpress.com/dearabby/

画面の左にカテゴリーがありますから
興味が持てそうものを選べます。

特に、人の恋愛バナシは楽しいものですから(失礼!)、
「恋愛相談」は楽しんで読めるかもしれません。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語の勉強方法のひとつ<その2>

英語の文章を読むことは
英語の力をつけるにはやはり大切です。

話すことに慣れるのが一番、ということも大いにありますが、
それは本能のなせる技で、

自分の口をついて出てくる英語は
文章を読んでいるうちに養われていきます。
磨かれていく感じでしょうか。

子供も親や他人と接していれば話せるようになりますが、
やはり絵本などを読んでいると言葉が豊かになっていきますよね。

昔学校で目にした教科書以来、
まとまった英文を目にする機会が
なかった方もいらっしゃることでしょう。

改めて何を読むか?

ただでさえ慣れていないのに、
退屈な文章だとつまらなくて続きませんね。

お勧めするのは、
ひとつはミステリーです。

大人向けだと全部の単語を辞書で
引きながらになってしまうかもしれず、

それだと読んでられないので、
小学校高学年向けくらいの英語で書かれた文章が望ましいです。

やはり先を読みたくなるものこそ読むべきもので、
しかもミステリーは犯人推理の伏線がどこかにひそんでいたりしますから

文章をじっくりと読み進めていきたくもなります。
そういう点で、英文を読む教材としてはミステリーはおすすめです。

私のお勧めは、“Encyclopedia Brown”(百科事典ブラウン)です。

http://goo.gl/fX4moX

少年探偵が謎を解き明かすというもので、
一つ一つの話が数ページから成り、長くないのが良いです。

それぞれの話しの最後に
クイズ形式で「なんで彼は犯人がわかったのか?」
みたいに問題が出されます。
楽しく読めますよ。

これは「少年探偵ブラウン」という邦題で翻訳版も出ています。

昔、「少年探偵ブラウン」はよく読みました。
イラストがまた素晴らしく、この点では原作は少々見劣りが。

改めて英語を!という方、一度お試しになられてはいかがでしょうか?

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

昨日の記事の修正

昨日の記事に、

“It’s sunny”など天気の話題の後で、

“right?”をつければ、

「~ですね?」という調子になり、
会話のスタートとなるとお伝えしました。

その後、ネイティブの友人より

“~, right?” では、礼を失する言い方だと指摘を受けました。

今回の天気の例では、
~, isn’t it ?(ズィ ニ?)の方がよい、と。

文章が“It’s ~”で始まるとき、
この文章を「~ですよね?」とするには、

この“~, isn’t it?”(ズィ ニ?)を付け足します。

“It’s sunny, isn’t it?”(晴れてますねぇ。)

皆さんには、口に出しやすい表現を
優先的にご紹介したいと思いましたが、

言いやすさを優先して相手の気分を害するのでは本末転倒。
特に天気をとりあげたのは、
初対面の相手とでも話しやすいものということですので、
初対面の人には失礼のないようにしたいものです。

修正させていただきます。

“It’s sunny.”“It’s cloudy”…の後は、

“It’s ~, isn’t it?”で。

そうすると「晴れてます。」から
「晴れてますね。」に変わります。

「~ですね?」を最後につけて、
ご自身の言葉を、独り言から
相手へのメッセージへと変えましょう。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英会話の切り出し方

どうも雨が多い天気ですね。

「いや~、よく降りますね。」「まったく」…と

天気に関する話題は、
ちょっとした間を持たせるときにはよく使われます。

それは外国人を相手にしても一緒で

例えば機内で隣り合わせになったり
お客さんとして来店されたりして

ちょっとした会話が必要となる間ができた時に、
天気は無難な話題です。

“It’s sunny.”(サニー:晴れ)

“It’s cloudy.”クラウディ:曇り)

“It’s rainy.”(レイニィ:雨が降っている))

“It’s snowy.”(スノウウィ:雪が降っている)

これはまあそうなんですが、
これだけですと、

「晴れてます。」「曇りです。」…ということで、
いきなりこう断言されても(笑)、言われた方はちょっと困ります。

こんな風に突然言われたら
「あ、は、はあ…」となりますよね。

会話として切り出す場合は、
あとひとつ加えたいことがあります。

“It’s sunny, right? ”(イッツ サニィ, ゥライッ?)と

(晴れてます “ね?”

最後に“right?”(ゥライッ?)を付け加えたいところです。

これをつけると「~ですね?」「~ですよね?」というように、
相手に話しかける形になり、会話のスタートとなり得ます。

せっかくですから、
コミュニケーションは自己完結させずに
相手に受け止めてもらいましょう。

…ちなみにここ最近の天気は、
“rainy”にとどまらず、“gloomy”(グルーミィ:どんよりしている)ですね。

“It’s gloomy, right?”

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語で聞かれたときの反応

今日の東京新聞一面で、
「広がる格差 若者戦場へ」という見出しで

元米兵へのインタビュー記事がありました。
その中で、

“顔をこわばらせたのは
「人を殺すかもしれないことに怖さはなかったか」と
質問したときだ。

「グッド クェスチョン(良い質問です)」

長い沈黙があった。”

…とありました。

応答で“Good question”というのは、
「いい質問ですね。」とはニュアンスが微妙に違います。

質問に対して“Good question”ときたら、
すぐに答えられなくて「う~ん、どうかなあ…」という
ちょっとした時間稼ぎです。

今回のはたしかに「良い質問」かもしれませんが、
どんな質問であっても答えがすぐに出てこなければ、
“Good question.”は使用可能です。

外国人と話をしていて何か質問された場合、
わからないと私たちは
どうしても黙って考え込んでしまいますが、

黙られてしまうと相手もどうしていいかわかりません。

この“Good question”だったり、
「えーと」(=Well…)だったり、
あるいはもう“Sorry. I don’t understand.”
(すいません。わかりません。)なり
言葉に出した方がいいです。

そうすれば相手も「あ、今考えてるんだな」or「わからないんだな」と察して、
待ってみたり、ゆっくり話してみたりと対応できます。

黙ったままですと、どう対応していいのか
図りかねてしまいますので、

・Sorry, I don’t understand. (わからない時)

・Pardon? : パーデュン? (今何て?:うまく聞き取れなかった時)

・Speak slowly, please? (ゆっくり話していただけますか?:相手の英語が速すぎた時)

のどれかをすぐに言ってあげた方がいいでしょう。

その「すぐ」はたしかに難しいですが、
上記のうちどれか1つ、これを使おうと決めて覚えてしまいましょう。
それほど長くないですから。

私たちは英語に接すると、どうしてもテストの延長に感じてしまい、
シンキングタイムをとってしまいますが、

それはしばしば相手を置き去りにしていることになりますので、
“kind”(親切)と名高い日本人の名がすたるところです。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

人間くさい英語その3

思い出したことがありました。

「スキー場ではかわいく/かっこ良く思えたのに、

普通のときに会うと、あれ?って…」

なんてこと、よく耳にしましたね。

英語でもそのようなことを表わす表現があります。
舞台はスキー場ではありませんが。
でも、こちらの方が共感できるかも…。

“beer goggles”(ビア ーゴーズ)

“goggles” は「ゴーグル」です。

なんとなくわかりますよね?

「ビールゴーグル」を着用すると、
お近くの異性が、数倍素敵に見えてしまうという現象です。

どうぞ“ビアガーゴーズ”で目を曇らせるほどの
飲みすぎにはご注意を。

この言葉を作った人すごいですね。
シンプルに表わしてしまうような表現を
英語で考えてみるの、面白いかもしれません。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

日本を表わす英単語2

外国人と話す際に必ず出てくる話題があります。
それは「食」です。

人間だれしも腹が減る。
美味しいものは誰だって好きですし、
その国の何を食べるか、は旅行の大きな楽しみの1つです。

自分がどこかの国に旅行に行っている際、
あるいは訪日中の外国人観光客と話すとき、
「食べ物」は、外国人と楽しく会話ができる題材です。

その「食」を話題にする際、重要な単語があります。
日本食を語るには欠かせないキーワードですし、
世界の食卓でも重要な要素です。

さて、何でしょう?

“fermented”(ファー ンティッ)

「発酵している」

改めて食の現場を見回してみると発酵食品が実に多いですね。

醤油、味噌、塩辛、納豆、漬物、日本酒、…と

いとまがありません。

これは和食に限らず、世界各国でも
フェーメンティッドな食材は数多くあるわけで、

まずビールやワインのお酒がそうですし、
ヨーグルトにチーズ、パンやピザ生地、キムチ、ナンプラー…

万国共通でお世話になっているわけです。

楽しく会話を進められる“fermented”は
覚えておいて損のない単語です。

例) “Soy sauce is fermented.”(醤油は発酵食品です。)

海外で生活をしているとき、
食生活は割と現地に順応していましたが、
納豆だけは1度モーレツに食べたくなり、
日本食スーパーに行って、3連パックを買いました。

当然売れ筋ではないからか、冷凍されて売られていました。
納豆菌は死滅しないのかなと思いましたが、大丈夫なようですね。
1パック100円の高級食材でしたが(笑)、かぶりついていただきました。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

続・英語の勉強方法のひとつ

先日、英語の勉強方法のひとつとして
自分で書いた文章を音声にしてみましょう、と、
文字を音声に変換するサイトをご紹介しました。

過去記事「英語の勉強方法のひとつ」

http://goo.gl/fWE2dY

しかし、ご紹介したものは
音声はいいのですが、音声データが保存できないものでした。

データ保存できるものを見つけました。
こちらになります。


http://soundoftext.com/

長文はできず、100文字程度ということですが、
なかなか長い文は覚えられませんから、
まず短文を何度も聴いて覚えていくのがいいです。

それでは、こちらを使って私の自己紹介です。

http://goo.gl/dnNmvU

また、くだらない自己紹介になりましたが(笑)、
あなたはこれを使ってどんな文章を身につけたいですか?

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

下町での国際交流

月に1回「英語で蕎麦会」をという会を行っています。

スカイツリーを見学に来た外国人観光客に
突撃英会話!という感じで声をおかけして

仲良くなれたら、もっとゆっくり話しませんか、と
築70年の長屋を改築したお店にお連れして

炊き込みご飯や大根の煮物など(締めにお店の手打ち蕎麦)
普段着のお料理とお酒を味わいながら
交流を楽しみましょうという趣旨の会です。

今回は2人目にお声かけしたスイスからのカップル、
ニコラスさんとティファニーさんとの交流の夜でした。

彼ら曰く、
「奥ゆかしくて礼儀があって、几帳面な感じのところが、
私たちが感じるスイス人と日本人の似ているところだなあ」と。

だからなのか、お声かけした時からすんなりと仲良くなれて
こちらが拍子抜けするくらい
あっさりとお店へのお誘いにも応じてくれて、
(やっぱりお誘いするときはちょっと緊張します)

テイファニーさんは英語が少し苦手なようですが、
うまく話せないような時は照れ笑いをしたり、

何かの時のためにか、プチプレゼントを用意していたらしく
(全ての州の旗がイラストされた鉛筆)
最後に別れるときに、それを私たちにくれたり、と、
たしかに似ているかもなあ、と感じました。

ニコラスさんは8年前に日本に来ているそうで、
彼女をぜひ日本に連れて来たかったと。
多少のリップサービスはあるにせよ、嬉しいですね。

その彼が今回新たに発見したものとは、
メロンパンだそうです(笑)。
改まって言いだされたので何かと思ったらそれで、

スイーツに一家言おありの女性参加者が
「メロンパンにもいろいろ種類があってね…」と、
しばしメロンパン談義をしたり、

フラワーアレンジメントを習っているというティファニーさんに、
今生け花展をやってるからと無料招待券をあげて、
日本橋三越までの行き方説明しなきゃ、と
地下鉄路線図など出して皆で一所懸命説明したり、

自然な流れで楽しく会は進みました。

ふと見返して、あれこんな長くなってしまいました。
まだまだ書き足りないんですが。

下町で静かに灯している国際交流の明りです。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

外国人観光客の「なぜ?」

外国人観光客は、私たちが日頃当たり前のこととして
受け止めてしまっていることに対して
「なんで?」と聞いてくることがしょっちゅうです。

例えば、
「なんで芸者さんは白塗りの化粧をしてるの?」

「なんで西新宿の一帯だけ高層ビルが建っているの?」

「なぜ浅草寺は人気があるの?」…

私たちが何でもないこと、常識としてしまっていることが
外国人には不思議だったりするのです。

日本人の常識をいったん捨てて「なぜ?」の視点で
改めて日本を見直してみませんか?

ちなみに、「なんで芸者さんは白塗りか?」
どうでしょう?比較的シンプルな答えです。

答えは、
「昔は明りはぼんぼりのローソクで照明も暗いので、

美しさを際立たせるには白塗りが一番の化粧だった」

In the old times, (昔)

castle light was used in rooms.(ローソクの火が部屋で使われていました。)

So, rooms were dark. (なので部屋は暗かったのです。)

White make-up was the best way to show their beauty better.

(白塗りが彼女たちの美しさをより良く見せる一番良い方法でした。)

こんな風に、日本のことを英語で紹介できるようになりませんか?
それも、できるだけ簡単な英語で説明できるように。
上の文章もそれほど難しい言葉ではないと思います。

こちらの「日本を英語で紹介できる!」英語講座で
いろいろな「なぜ?」がわかります。

http://goo.gl/4U6qUu

こういうことを知っておくと、
外国人観光客と接したときに
話したくなってしまいませんか?

「話したいこと」があるというのが、
英会話上達の秘訣です。

本講座の内容に触れていただくために
無料体験講座も開催します。

9月3日(木)・10日(木)・16日(水):19:00~20:30
9月5日(土):10:30~12:00 13:30~15:00
のいずれかの日時からお選びいただきます。

無料体験講座の詳細はこちら↓
http://goo.gl/9y87rw

無料体験講座では「浅草寺」について勉強します。
首都圏随一の観光地の案内を勉強して
どんどん案内していきましょう。