日本を表わす英単語

先日、新幹線に乗りました。

ご覧のように、待ってるところに
ドアがぴったんこですね。

この几帳面さ、正確さは
外国人も驚くところです。

「日本の好きなところはどんなところですか?」

“What do you like about Japan?”

(ゥワッ ジュウ ライッ バウ ジャペェン)

と聞くと、必ずと言っていいほど返ってくる言葉があります。

punctual !”(パンクチュオ)

あまりなじみのない言葉かもしれませんが、
どういう意味だと思いますか?
当然のこととして気がついていないかも。
ヒントは、公共の交通機関が代表例ですね。

・・・

“punctual” 「時間に正確」

私たちにとっては当たり前に思ってしまっていることでも
彼らにとっては、電車がバスが
きっちり時間通りに来るのは、驚異的のようです。

外国人が「これはいい!」と思っている日本の特徴、
覚えておいてもいい単語です。

でもだからこそ、電車が1分2分遅れているだけで
ソワソワしだす私たちの態度もまた
彼らには驚きのようです(笑)。

ちなみに写真のように、
寸分たがわないような正確さは、
“accurate”(アキュゥリッ)

追伸:
しかし今、電車のトラブルが多いですね。
気になるところです。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語でのほんの一言2

ちょっとした気遣いの英語を引き続き。

もし近くの外国人観光客がくしゃみをしたら、こんな一言。

“bless you!”(ブッシュウ)

=「お大事に。」

この言葉は、“God bless you!”の省略で
もともとは「神のご加護を」ということですが、
そこまで気を遣われてしまうと、かえって困りますね(笑)。

「大丈夫ですか?」とサラリと気遣いを見せる、
ちょっと嬉しくなれる言葉です。

アメリカにいたころは、たとえ見知らぬ人でも、
くしゃみをすればたいていは誰かに言われるので、

誰かがくしゃみをすれば、
こちらも反射的に口をついて出てくる言葉でした。

見知らぬ人同士がちょっとつながれる
いい習慣といい言葉だと思います。

なので日本では誰かがくしゃみをしていたのを見ても
何もしないでいるのが、ちょっとムズムズ感じるほどです(笑)。

英語圏の習慣のようですので、
キョトンとされることがないとは言えませんが、
一言「あ、大丈夫ですか?」くらいのつもりで
声かけしてみてはいかがでしょうか。

たぶん日本でそんなこと言われるとは思ってもいないでしょうから、
意表をつかれた後に少しほっこりしてくれて
“Thank you.”と返してくれるでしょう。



<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語でのほんの一言

あらためて言うまでもないことですが、
外国人観光客が増えています。

ちょっとしたときに触れあうこともあるかもしれません。

例えば、建物の入り口で
同時に中に入りそうになったとき、

あるいはドアを開けてこちらが入ろうとしたら
同時に向こうが外に出ようとしていたとき。

こんなとき、一言添えて
譲ってあげましょう。

“Go ahead.”(ゴー アヘッ)

=「お先にどうぞ」

“After you.” (アフタ ユゥ)

=(あなたの後に行きますよ)ということで

こちらもまた「お先にどうぞ」

“After you”の方が個人的には好きです。

もちろん何も言えなくても
笑顔をひとつ添えてあげればそれだけでも十分。

ほんのささいなことでその国の印象が決まったりします。
この広い世界の中から日本にやってきて
さらにその瞬間に出くわすなんて、奇跡中の奇跡。

特別な旅行先として日本を選んでくれました。
少しでも良い一瞬を演出しましょう。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語の勉強方法のひとつ

英語を話せるようにするには、

結局、自然にそらんじることができるまで
文章を繰り返し繰り返し声にする、

それを積み重ねていくしかありません。

ではどんな文章を覚えていったらいいか?

覚えると決めれば、どんな文章でもいいのですが、
どうせなら、自分にまつわる文章を
自分で書くのが一番ですね。
自己紹介、家族のこと、仕事のこと、など
まず話すであろうことなど。

あるいは今日あった出来事などもいいと思います。
「こんなことがあった~」と言い表すのは、
会話ではなくてはならない話題ですね。

で、ただ書いただけでは物足りないですね。
それにこれを一味加えてみるのはいかがでしょう

以下のURLは、文字を音声に変換してくれるサイトです。
この類では、かなり自然な発音をしてくれます。
また、ソフトのダウンロードの必要もありません。
http://text-to-speech.imtranslator.net/

自分が英語で書いた文章を、外国人音声が読みあげてくれます。
スピードも変えられますから、
自然なスピードでネイティブな雰囲気を味わったり、
後について読むためにスピードをゆっくりしたりもできるわけです。

英語音声で勉強するなら、市販のCD参考書などの
「Tom」や「Tanaka san」ではなく(笑)、
主役はあなたのオリジナル英語音声で楽しみましょう。

ただ、音声データの保存ができません。
以前あったのですが、無料ではなくなってしまいました。
探してみます。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語で自己紹介2

昨日の「英語で自己紹介」の続きです。

自己紹介を大喜利風というか、ジョークを交えてというのは、
「72歳はとバス名物ガイドが教えるおやじギャグ英語術」と
いう本の知恵からいただきました。

http://goo.gl/pT6Orc

約50年間英語ツアーガイドをされていた方の著書です。

この方、「佐藤」さんなのですが、
さて、この方の自己紹介はというと、

“My name is Sato.”

“Sato means sugar in Japanese.”

(「サトー」は日本語で「砂糖」という意味です。)

さて、その後どう続いていくと思いますか?
これが実にふるってるんです。

“You can call me “sugar” but not “honey”!”

解説不要かとは思いますが、
「ハニー」というのは、夫婦や恋人同士で
相手を呼ぶ際に使ったりします。

特に70歳を超えた翁がこれを使うと、効果も抜群ですねえ。
いや、脱帽です。

前回の私の例では参考にしづらいですので(笑)、
ご紹介させていただきました。

「佐藤」さん、英語で自己紹介をすることがあれば、
ぜひ拝借してはいかがでしょうか。

その他の方は、引き続き考えてみましょう(笑)!

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

英語で自己紹介

外国人に自己紹介をする時があるかもしれません。

ここでご自身のお名前で
少しだけ大喜利風な自己紹介考えてみませんか?

私の苗字は、「岩本」ですが、

「岩」は“rock”

「本」は“book” で、

My last name is “Iwamoto”.

(last name = 「苗字」 ※first name = 名前」)

It means “rock and book”.

(それは「ロック(岩)とブック(本)」という意味です。)

(イッ ミーンズ ….. =「それは….という意味です。」

So… (だから)

My ancestors were very flexible.

(私の祖先たちはすごい柔軟性がありました。)

Sometimes, they read serious books.

Other times, they were crazy about rock’n roll.

(ときには真面目な本を読んで、またあるときはロックでぶっ飛んでいました。)

…んー、これはボツですね(笑)。

しかし、上手くクスリと笑えるものができれば、
笑いは万国共通。距離が縮まります。

ご自身のお名前から何かできそうでしょうか?

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

犬にまつわる英語

犬の話題でもうひとつ。

私が小さい頃、犬を飼っていました。

「かわいい~」と
近寄りたくなるようなタイプではなく、

オオカミのような風貌で、
小さい私は結構ビビッていました。

ですから、普段はナメきって
私に愛想を振りまくことなどしない彼も、
空腹のときは事情が違います。

私がご飯を持っていくと、
それを見て彼は、ちぎれんばかりに尻尾を振ります。

でも手に持っているものって
魚を食べた残りの骨や
野菜カスの上になにやらの汁をかけたもので、
なんだかグチャグチャ。

さて、

“a dog’s breakfast”

意味、想像つきますか?

“a dog’s breakfast”「メチャクチャ(な状態)、台無し」

ちょっとかわいそうになる表現です。
どれだけのものを食べさせてるんでしょうか(笑)。

「犬は人間の最良の友」なんて表現もあるのに。

そんなものでも彼は尻尾を振って
ガツガツ食べてくれていました。

でも聞くところによると、
犬には人間と同じものではなく、
ドッグフードだけの方が良いという話もあるようですが、
どうなんでしょう。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

血なまぐさい英語

犬はかわいいものです。

特に、プードルやチワワのような
小さくてコロコロした犬が大人気の今の時代、

こんな表現の意味、想像つきづらいかもしれません。

“dog eat dog”

犬も時には牙をむきます。

どんな意味だと思いますか?

おぞましい光景が目に浮かぶかもしれません。

“dog eat dog” = 「食うか食われるか」

“Business is always dog eat dog.”

(ビジネスはいつも食うか食われるかだ)

でも、「食らわば骨まで!」とばかりに
他の犬に食らいつくことなどしそうにない
ワンちゃんが好まれている今、

「食うか食われるか」の舞台から降りている人は多いです。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

人間くさい英語その2

私ごとの話ですが、
現在、息子がおむつからパンツに移行中です。

写真はおむつ姿で謎なダンス中の彼。

wear the pantsは、そのまんまだと「ズボンをはいている」。

(pants は「ズボン」で 「パンツ」は underpants です。)

でも別の意味もあるんです。どんな意味だと思いますか?

“wear the pants”は、

「(家族の中で)主導権を握る」→「尻に敷いている」

ちょっとだけ古くさい表現ではあります。

以下の文章で覚えましょう。

男性であれば、“My wife wears the pants”(女房に頭が上がらないんです)

女性は、“I wear the pants”(旦那だらしなくて)

家の中で奥さんがさっそうとズボンをはきこなし、
旦那はブリーフ一丁で縮こまっている姿が…。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

アメリカの長距離バスで

駅の構内をふと見ると、
長距離列車の旅案内広告がよく見受けられます。

日本の最先端技術の粋を集めた
新幹線や高級列車の旅はさぞかし快適なことでしょう。

10年前の米国留学時、
長距離バスで米国ほぼ一周旅行をしました。
全ての州に滞在ということではなく、
例えば、3日間バスに乗りっぱなしということもありました。

狭い車内で3日間何をやっていたのでしょう(笑)。

米国南部でのバスの乗車環境は劣悪でした。

バスターミナルでは並ぶこともなく、
乗客は到着したバスに一斉に乗り込もうとするし、

車内で隣り合った人(黒人)は、
こちらの席にもわざとのように(というか、わざとですね)
体を預けてくる始末。

座席のシートは破れて雨漏りもあったように記憶しています。

南部とその他地域の差は歴然で
考えさせられました。

JR九州の高級クルーズトレインの話題を目にしたり
リクライニングしてくつろいで
スマホを充電させて、ゴミ捨て放題な
新幹線に乗るたびに、ふとそのことを思います。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

人間くさい英語

今日の新橋。

“a Japanese style pub”(ジャパニーズ スタイル パブ)と言い表すには、、

その魅力を伝えきれない “Izakaya”が今日もにぎわっていました。

お盆休み前で羽目を外したのか、
とある地下鉄では良いお年のオジさんたちが数名、
ドアが閉まる直前に出たり入ったりしてふざけていました。

そんな光景を見ていてふと、
出会ったときに「ああ、面白い言葉だなあ」と思った表現をひとつ。

pub tour ”(パブ ツアー)  or

pub crawl ”(パブ クロール)って

どんな意味かご存じですか?

これ、「はしご酒」です。

何人かで酔っぱらって、一人がなぜか旗持って
「よし、次行くぞ~」とか叫んでる様子や

呑んべえがグデングデンになりながらも
もはや本能だけを頼りに、
地べたを這いながらうまい店を嗅ぎ分けている様子が
私なんかは思い浮かびます(笑)。

人間くさい英語表現、好きですねえ。
(勝手に「人間くさい」と思うだけですが)

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

海外へのおみやげ

あるお店でこんな商品が。
スターウォーズのダース・ベイダーと
花火の柄の手ぬぐいです。

こういうのは、海外へのおみやげにもアリかなと思いました。

海外へのおみやげって悩みますね。
こちらは日本の文化をと思っても相手によりけりです。

私も昔、アメリカに留学するときに
ホストファミリーへのおみやげとして
半被と和柄のカバンを買いましたが、
使われる様子は一切なく(笑)。

ある時、日本のことを
現地のある小学校で紹介する機会があり、
おみやげとして渡した半被をそこで見せようと
ファミリーに「貸して」と言ったら、
袋に入ったままだったという苦い経験です(笑)。

やはり普段の生活になじむものでないと
喜んでもらえるのはその場限りになる可能性も高いです。

立場を代えて考えてみれば、例えばアオザイもきれいですが
買って帰っても、なかなか着る機会ないですよね。

お世話になったホストファミリーの息子さんは
フランスのサッカーユニフォームをよく着ていて
聞けば、以前一緒に住んだフランスからの留学生にもらったとのこと。
背中には、その息子さんの名前入りで、
なるほど、これは喜ぶよなあと感心しました。

日本半分+実用半分が、いいバランスで。
でも、その「日本半分」が決して私たちが思う
“伝統文化”だけではないところが
私たちの思いこみが問われるところです。

味覚は万国共通ですから、
お菓子は喜んでもらえますね。

抹茶味のキットカットなどは人気、と言われています。
あと、いろいろな味の炭酸飲料も面白がって
買う外国人観光客は結構います。

ひとつ誇らしいのは、日本のお菓子は、
自分の土俵ではない洋菓子でも
見た目もきれいで喜ばれます。

他には…
見たことはありませんが、
日の丸の赤白のミッキーマウスとか
浮世絵風の世界各地の絵はがきとかがあれば
また喜んでもらえるかもしれません。

たかがおみやげ、かもしれませんが、
「日本といえば…」よりも、
自分のワクワク感、好奇心を頼りにするべきでしょう。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

都内の北部は”everyday life Tokyo” で

ふと都内のある地下鉄駅の路線図を見ると、
写真のような外国人向けの路線図が。

都内の東側は“Cultural Fusion”(文化の融合)

中心部は“Metropolitan Luxury”(都市部の絢爛)

南側は“Night Life”

西部は“Cool Tokyo”(クール・トーキョー)

と、されている中、北部は真っ白です…。

もともと北部に住んでいた身としては、いささか不本意。

新宿のゴールデン街が人気なら、
知る人ぞ知る、ですが、
斎藤酒場やまるます家は決して劣ることはありません。
(外国人に来てもらいたいかは別として…)

春の桜の美しさ、音無親水公園からスタートして
石神井側沿いを散策しての桜は極上ものです。

旧古河庭園は…洋館と日本&西洋庭園だから、
外国人観光客向けかとなると、どうかな。
でも最初から判断してはいけませんね。

篠原演芸場はご存じでしょうか?
希少な芝居小屋です。

(東京以外の方、わかりづらくてすみません!)

もちろん、限られた時間の中で有名なスポット巡りは
当然だけれど、だからといって、
はじめから真っ白では、何も始まりません。

「日本人の日常生活が垣間見える」のは、
外国人観光客が大いに望むもの。

クール・トーキョーもいいけれど、

“everyday life Tokyo”

私たちの日常の中に、
「こんなこと外国人に紹介したら面白いかな」
と思ってみる視点が大切です。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

日本の夏を英語で表わす4

前回の続きです。

元記事はこちら↓
https://goo.gl/Y5E3jS

There are always hot competitions for good spots and we sometimes see some spots saved with colored tapes.

(花火を見るいい場所をとるためにいつも熱い競争があり、ときにカラーテープで場所とりされているところも見かけます。)

“save a spot”= 「場所とりをする」

But we also sometimes see the saved spots are too big for the number of people who actually come.

(しかし、実際に来る人の数にしてみると確保されているスペースがずいぶん大きすぎる場合もときどき見かけます。)

Some places like that should’ve be given to more people and some TV news report on this as a bad manner.


(そのような場所はもっと多くの人に行き届くようにするべきで、一部のTVニュースでも悪いマナーだと放送されることがあります。)

Some people even use colored spray to save their spot and it’s really bad for grass on riverside.

(一部の人たちは場所とりのためにカラースプレーを使うことさえして、川沿いの草にはとてもよくないことです。)

Yes, it’s a bad manner but I feel a little awkward when I see news reporters talk with a very serious face about this problem .

(おっしゃるとおり、悪いマナーではありますが、この問題について非常に深刻な顔で話すレポーターを見て、少し変な気持ちにはなります。)

Luckily, my family and I can see fireworks, from our apartment, displayed quite close to it.

(ラッキーなことに、私たち家族はマンションの部屋から近くで打ち上げられる花火を見ることができます。)

We invited a few families and had fun the other evening.

(先日の晩、私たちは何家族か誘って楽しむことができました。)

ただ「花火はきれい、花火は日本の夏の風物詩、というだけでなく、少し問題点も入れ込みました。これがすごい、というだけの紹介は、耳を通り過ぎるだけとなる場合もあります。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

日本の夏を英語で表わす3

元記事はこちら↓
https://goo.gl/Y5E3jS

We are in fireworks season, usually summer in Japan.

fireworks” = ァイアワォークス:花火

(今、花火の季節です。日本ではたいてい夏です。)

The displays are usually held riverside.

(花火大会はたいていは川沿いで開催されます。)

We go out and try to see them as close as possible.

(私たちは屋外に出てできるだけ近くで見ようとします。)

We need some excuse to hang out with friends and get crazy a little.

(私たちには友人たちと会って少々騒ぐための言い訳が必要なのです。)

We’ve found picnics under cherry blossoms in spring, Christmas or year-end parties in winter and, recently, Halloween in autumn.

a picnic under cherry blossoms” = 花見

(春には花見、冬にはクリスマスと忘年会、そして最近は秋にハロウィンです。)

Fireworks themselves are great but we get more excited about alcohol and food we’re supposed to enjoy while we see them.

(花火自体は素晴らしいですが、もっとそそられるのは、花火観賞の間に楽しむことになっているアルコールや食べ物です。)

Some people get excited about wearing Yukata, more casual kimono worn in summer, an unusual experience even for Japanese.

(一部の人は浴衣を着ることにワクワクしています。日本人にとっても非日常の体験なのです。)


家から花火を鑑賞できるなどとは夢にも思いませんでしたが、
「もしかしたら…」と。ラッキーです。


「日本を紹介できる!」英語講座開催!
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

本業は英語講師です。

メルマガ「ようこそ英語を学ぼう」全10回(無料)

日本の夏を英語で表わす2

元記事はこちら。↓
https://goo.gl/tZUrkh

I could say, we sent sōmen to people and received sōmen from people when I was a kid.

(私が子供のころは、そうめんを人に送って、人からそうめんが届くくらいのものだったと言ってしまってもいいかもしれません。)

Of course, people probably exchanged other gifts as well but my memories of the noodle was biased.

be biased” = イアスッ:(意見が)偏っている

(もちろん、他のギフトもお互いに送っていたのでしょうが、私のそうめんに対する記憶は偏ったものになっています。)

I remember that my family and I had sōmen for weekend lunch very very often and I was sick and tired of it.

be sick and tired of ~”= シッ エン タイアゥ ~:~に、飽き飽きしている

(夏の週末のお昼には、私と家族はいつもいつもそうめんばかり食べていて、辟易していたのを覚えています。)

I guess many Japanese share my memory. Now, I know sōmen is really good and needs delicate technique to make.

(多くの日本人は共感してもらえるのではと思います。今では、そうめんは実に美味しいもので製造にも繊細な技術を要することがわかっています。)

I could say that we could complete as an adult when we realize the taste of, not tobacco or alcohol, but sōmen.

complete“=カンプリーッ:完成する

(タバコやアルコールではなく、そうめんの味を理解してからが一人前である、と言ってもいいかもしれませんね。)

(photo of sōmen by : shibainu)


子供のころは「またか~」と思ったそうめんも、
このツルツル感は夏にはぴったりです。


「日本を紹介できる!」英語講座開催!
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

本業は英語講師です。

メルマガ「ようこそ英語を学ぼう」全10回(無料)

日本の夏を英語で表わす1

元記事はこちら。↓
https://goo.gl/tZUrkh

We have a custom in summer to send gifts to people who we’d like to show our appreciation for their help in business or private lives.

(夏は、仕事や私生活でお世話になっている感謝のしるしとしてお世話になっている人たちに贈り物をする習慣があります。)

custom” = ストゥム : 習慣

The custom isn’t as common as before but department stores and supermarkets still think it a good business opportunity and display the gifts in a specially-set section.

(その習慣は以前ほど一般的ではありませんが、デパートやスーパーではまだ好機なビジネスチャンスだとみなしており、特別コーナーでギフトを展示しています。)

not as ~ as …” = …ほど~じゃない

in a specially-set section” = 特別コーナーで

The popular gifts are canned beers, sweets, hams and sausages and so on. Among them, the most typical summer gift is probably “sōmen”.

(人気のギフトは、缶ビール、膵ーつ、ハム&ソーセージなどです。それらのうち、一番の夏の定番はおそらく「ソーメン」です。)

canned beer” = カンッ ビア  ”typical” = ティピカォ:典型的な、定番の


「日本を紹介する!」英語講座開催!
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!
http://goo.gl/4U6qUu

本業は英語講師です。
英語HP
http://aeruba.co.jp/ach/eng1

メルマガ「ようこそ英語を学ぼう」全10回(無料)
http://aeruba.co.jp/ach/eng2